ワレスの『ストラグル・オブ・エンパイア』日本語版、12月14日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ストラグル・オブ・エンパイアアークライトは12月14日、マーティン・ワレスの戦略ゲーム『ストラグル・オブ・エンパイア』日本語版を発売する。2~7人用、13歳以上、180~240分、6300円。

ヨーロッパの列強時代、一国の指導者となり、まだ支配が確立していないヨーロッパをはじめ、遠く離れた植民地まで、軍事的、経済的、また政治的な成功を目指すという、スケールの大きな作品。オリジナルは作者ウォレスの個人ブランドであるウォーフロッグから2004年に発売され、国際ゲーマーズ賞にノミネートされた。日本国内では『帝国の闘争』という邦題で流通しており、2011年にリメイクされた『理性の時代(Zeitalter der Vernunft)』も高い評価を得ている。

軍隊を編成して紛争地に送りこみ、その地のさまざまな権益を奪い取り、国力をさらに増強していく。勝利のためには、資金を有効に使うだけでなく、他国に対する経済的、政治的、科学的または軍事的な優位性を表すタイルをタイミングよく投入しなければならない。ほかのプレイヤーの性格や動向を見つつ、状況に応じて同盟を結んだり、協力して他のプレイヤーをブロックしたり、出し抜くために裏切ったりと、多彩な戦略が楽しめる。

作者のワレスはイギリスのデザイナーで、やりこみがいのある戦略ボードゲームにより、熱烈なファンが多い。ボードゲームでは『ルーンバウンド』(共作)、『産業の時代』、『蒸気の時代』に続く4タイトル目の日本語化となる。

アークライトゲームズ:ストラグル・オブ・エンパイア
play:game評価コメントリスト:帝国の闘争

ストラグル・オブ・エンパイア(コンポーネント)

コメント(2)

共同作者ですが「ルーンバウンド日本語版」を忘れていると思います。

補足ありがとうございます。追記しました。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください