『1、2、3で見つけてね』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

1、2、3で見つけてねテンデイズゲームズは4日、動物コマを使ったアナログ感いっぱいの記憶ゲーム『1、2、3で見つけてね』日本語版を発売した。3人~8人用、8歳以上、20分、2100円。パッケージは原版のままで、差し替え用の箱裏面が印刷された日本語マニュアルが封入されている。

たくさんの動物コマを使った間違い探しゲーム。ホモルディクス社(スペイン)が今秋発売したばかりの新作が、早くも日本語版として登場した。

1人が動物コマを適当に取ってテーブルに撒いて広げ、残りの人がコマの位置をできるだけ記憶する。全員が目をつむっている間に、1人がお題カードに従って、コマを隠したり、動かしたり、増やしたりする。目を開けたら、どの動物が増えた(減ったのか)を当てる。

単純な記憶ゲームのように見えて、できるだけ紛らわしく、引っかけるような動物を選ぶのは考えどころや駆け引きがある。

テンデイズゲームズ:1、2、3で見つけてね! 日本語版
TGiW:1、2、3で見つけてね(1,2,3! Now you see me...)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください