ドロッセルマイヤーズ、実店舗を閉店して商品開発に注力

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

株式会社ドロッセルマイヤー商會は、今年末をもって東京・中野ブロードウェイの実店舗を閉店し、オリジナル商品の企画・制作・販売に注力することを発表した。店舗は12月29日15日(日)までの営業で、閉店セールが行われる。

ドロッセルマイヤーズは「必要無いものしかないお店」というキャッチコピーで2011年2月にオープン。2012年8月に中野ブロードウェイの4階から3階に移転し、「ドロッセルマイヤーズらしいもの」というセレクトショップ的な方向性を強めた。

閉店に至った経緯については、ボードゲーム市場の変化、ドロッセルマイヤー商會の役割の変化、渡辺範明社長の健康上の事情(この理由によりポッドキャスト「ボードゲームおっぱい」も更新が休止している)などが挙げられている。

今後はネットショップを継続しつつ、『アダムとイヴ』『HYKE』のようなオリジナルゲーム、『今夜始める人狼ゲーム』『お菓子になったマドモワゼル』のようなオリジナル書籍、『オリジナル巻物型バックギャモンボード』などのオリジナルグッズの制作に力を注ぐほか、『お父さんが7年かけて作った迷路』『金属製本格ゴム銃フェンリル』『プレシジョン・ダイス』や各種バックギャモンボードなど、個性的な商品を積極的に取り扱うという。

閉店セールは12月1日から29日15日(日)までで、一部商品を除き店内商品を基本10%オフ、店頭見本の中古品は20%オフで提供する。内装にこだわった店舗にまだ訪れたことのない方はこの機会にどうぞ。

ドロッセルマイヤーズブログ:【大事なお知らせ】これからのドロッセルマイヤーズについて
TGiWレポート:ドロッセルマイヤーズ

追記:閉店セールの売れ行きがよいため、閉店日が2習慣繰り上げられて15日となった。訪問予定の方はお早めに。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください