キノコハンターズ(Mushroom Hunters)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

キノコ採りのリスク

キノコハンターズ

キノコ採りをする人に聞くと、崖っぷちに生えているのをどうしても取りたくなるのだという。崖っぷちは手が届かないから、たくさんキノコが生えている。みんなあきらめたのを、うまく採れたら嬉しいだろう。そう思って、崖から転落して怪我をしたり、遭難したりする人も少なくない。

このゲームはそんなキノコ採りのリスクをバランスゲームというかたちでうまく表現している。しなった厚紙のカードの上に倒れないようコマを乗せて、キノコを集める。キノコがいっぱい書かれたカードを誰も取れないでいると、どうしても挑戦したくなってくる。そして滑落してしまうのだ。大阪の同人サークル、たなごころの作品。

手番にできることは、ハンターコマをキノコカードの上に置くか、ハンターが置いてあるキノコカードをハンターと一緒に取るか、失敗して除去されたハンターを手元に回収するか。キノコカードを集めて、場札の得点カードと交換し、その得点を競う。

ポイントは、ハンターコマの配置は1体ずつしかできないのに、キノコカードを採るのはいくつでもまとめてできるところだ。置けるところにはどんどん置いて、一度にチャレンジすれば得点が高い。しかも、ほかの人が倒すとペナルティとしてキノコカードを奪うこともできる。

3人プレイで30分以上かかったのは、慎重にコマを置いていたというのもあるが、我慢比べになってきたからである。まずみんな置けそうなところにどんどん置いていく。そのうち置けるところがなくなってくる。すると、キノコ採りをしないで、除去されたハンターの回収を始める。回収できるハンターもなくなった人は、安全そうなところを恐る恐る採る。でもほかのコマを倒してしまってペナルティを支払う。倒れたところに次の手番の人がコマを置く・・・しまいには、わざと倒れそうなところにおいて邪魔をするというプレイも。

しかし倒れそうな場所でも、慎重にやれば意外と倒れないこともあり、その見極めも重要だった。難しい場面を何度も切り抜けたbashiさんの勝利。ここを取れればトップというプレッシャーの中、いいキノコを採れたときの嬉しさは格別である。

キノコハンターズ(ハコイリ)
たなごころ(2013年)
2~3人用/20~30分
絶版・再版待ち

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください