北海道・登別に博物館オープン、ボードゲームも

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

本日、北海道・登別(JR登別徒歩3分)におもちゃなどを展示する総合博物館「古趣 北乃博物館」がオープンする。10:00~16:00、水曜休。冬季は土日のみ開館。入館料大人500円、高校生以下200円。

市内で玩具店を経営する若木日出男氏が、元水産工場を改造しておもちゃのコレクション、骨董品など1万点以上を展示する。2階には1960年代後半から2000年ぐらいまでのプラモデルやボードゲーム、フィギュア、お面などのおもちゃが並ぶ。ボードゲームは懐かしの国産品で30点ほど。

若木氏は「おもちゃは単なる玩具ではなく、人間にとって一番最初に触れる文化的なもの」と述べ、登別の文化発信の拠点を目指す。

苫小牧民報:おもちゃ博物館誕生 1万数千点24日開館【登別】
室蘭民報:登別・玩具店店主の若木日出男さんが博物館開設へ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください