『八分帝国』日本語版、6月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは6月下旬、ミニマルな陣取りゲーム『八分帝国(Eight-Minute Empire)』日本語版を発売する。R.ローカット作、2~5人用、8歳以上、20~40分(8分×プレイ人数)、2800円(税別)。

本格的な陣取りの戦略要素を、一人当たり8分程度という短時間でプレイ可能な内容にギュッと凝縮したボードゲーム。オリジナルはレッドレイヴンゲームズ(アメリカ)が2013年に発売したもので、輸入版が国内販売され話題となっている(TGiWレビュー)。

ボード上の各地域に自分のコマを配置して最多数を競うと共に、カードの資源を集めて得点を増やす。アクションは場に並んだ6枚のカードの中から1枚を選び、そのアクションを行う。コマを配置する、コマを移動するなどのアクションを効率的に使って支配を固めなければならない。

またカードはその並べられた場所によって価格は異なり、残ったカードは次のプレイヤーの選択肢の一つとなっていく。自分にとって必要なアクションや資源、自分の手持ちの資金とほかのプレイヤーの資金、渡したくないカード......など考えることは多い。

徹底的にシンプルにしたルールで、陣取りの駆け引きが楽しめる戦略ゲーム。プレイ時間が短いため、その日のうちに繰り返しプレイすることも可能だ。

ホビージャパン:八分帝国

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください