ゲームマーケット2014春:ラジオ放送

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

6月1日に東京ビッグサイトで行われ、6500人を集めたゲームマーケット2014春が、ラジオ放送で全国に取り上げられた。マスコミからの注目度が高まっている様子だ。

当日の午前中に放送されたのはTBSラジオの「安住紳一郎の日曜天国」。アークライトの刈谷圭司氏がインタビューに答え、『ラブレター』の海外展開など、昨今のボードゲーム事情について分かりやすく取り上げている。

5日にはNHKラジオ「すっぴん!」でも取り上げられた。ゲームマーケットに出展した米光一成氏が、「新刊コンシェルジュ」というコーナーで『勉強が楽しくなる カードゲームの本』を紹介。インディーズゲームの状況を伝えた後、自身が発表した『想像と言葉』を、ツイッターのハッシュタグを使ってリスナーと実際にプレイした。

『想像と言葉』は3つのキーワードから言葉を連想して、ほかの人と重なっていたら得点になるというパーティーゲーム。番組では1問目が「笑い」「味」「国」、2問目が「ドキドキ」「穴」「かわいい」というキーワードで盛り上がった。ゲームプレイの様子は、番組ブログで見ることができる。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください