マスクメン(Maskmen)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

強さ未確定のレスラーたち

マスクメン

カードの強弱がだんだん決まってくる大富豪系のカードゲーム。ゲームマーケット2014春にオインクゲームズが発売した。手札のレスラーが強くなるように、場をコントロールしよう。

6人の新人レスラーをどんどん売り込んで、手札を早くなくした人が勝つ。最初の人は1枚、レスラーカードを出す。次の人は2枚、別のレスラーカードを出す。3番目の人はあれば3枚、さらに別のレスラーカードを出す。出せない、あるいは出したくないときはパス。

このとき、最初に出されたレスラー<2枚のレスラー<3枚のレスラーというように、強さの序列ができあがっていく。序列は独特なかたちのマーカーを並べて表す。このゲームの特徴である、強弱の確定システムだ。

一度には3枚までしか出せないので、3枚出たところでラウンド終了。最後まで残った人が、残った手札から次のカードを出していく。このとき、確定した強弱は引き継がれており、序列が強いカードは+1枚でなくとも出せるようになる。例えばピンクのレスラーより灰色のレスラーが強ければ、灰色のレスラーはピンクのレスラーと同じ枚数で出してよい。序列が上になるほど、切り札化してくる。

未登場のレスラーが次のラウンドで出された場合、前の序列とは別に序列ができあがる(マーカーが2列になる)。これは、前のラウンドに出ていたレスラーとの強弱が未確定であることを表す。やがて、前のラウンドで出たレスラーが+1枚というかたちで出されると、前の序列と新しい序列がどこかでつながることになる。こうしていずれは、最強のレスラーが誰か決まっていくというわけだ。序列を組むのはちょっとややこしいが、トーナメントのようで面白い。

3人で20分ほど。最初は序列の組み方がうまく飲み込めなかったが、ラウンドをまたいで組んでいくことが分かると理解できた。そうなると、強いカードを温存しておいて、後半に畳み掛けて上がるという大富豪の醍醐味が楽しめる。自分が枚数を多くもっているレスラーを強いカードに仕立てあげたいところだが、ほかのプレイヤーとの絡みがあって容易でない。ほかのプレイヤーからの棚からぼた餅でいきなり最強になったり、逆に最弱になったりすることもあった。そんなドラマも起こりつつ、手札を眺めて作戦を練るテクニカルなゲームだ。

マスクメン
佐々木隼・新澤大樹/オインクゲームズ(2014年)
2~6人用/9歳以上/20分
オインクゲームズ:マスクメン

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください