『ピニャ・ピラータ』日本語版、7月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは7月中旬、『ドミニオン』の作者D.ヴァッカリーノがデザインしたファミリーカードゲーム『ピニャ・ピラータ(Piña Pirata)』日本版を発売する。2~6人用、7歳以上、30分、2600円(税別)。

『ドミニオン』と『キングダムビルダー』で、ドイツ年間ゲーム大賞を2度受賞しているD.X.ヴァッカリーノの作品。先月イエロ(フランス)から発売されたばかりの最新作が早くも日本語版で登場する。

海賊団の船長となって、伝説の財宝「黄金のパイナップル」を探し求めるゲーム。しかし、宝の地図はバラバラとなり、カリブの海のいたるところに散らばっている。ほかの海賊たちも地図の断片を探し求めており、いち早く地図の断片をすべて集め、つなぎ合わせなくてはならない。

8枚配られた手札をいち早くなくせば、地図の断片を取ることができる。基本的には、前に出たカードと同じ海賊の絵柄があれば出せるが、冒険タイルがめくられていくたびに新しいルールが追加されていく。カードを出すのがどんどん困難になる中、手下の海賊たちをできるだけうまく采配しよう。冒険タイルは40枚もあり、毎ゲームさまざまな展開が楽しめる。

ホビージャパン:ピニャ・ピラータ

ピニャ・ピラータ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください