タウン誌にボードゲーム連載記事、いわき

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

福島県いわき市近辺のタウン情報誌『タウンマガジンいわき』に、3月号から連載記事「ボードゲームの世界」が掲載されている。毎月25日発売、300円。

エリアのローカルなスポットやイベントを紹介するタウン誌にボードゲームが紹介されるのは珍しい。「スタッフ超個人的トピックス」として、Masa氏が毎回1タイトルずつ、ボードゲームを紹介する。

数年前から密かなブームとなっている「ボードゲーム」。そのラインアップは幅広く、2人で駆け引きしながら遊ぶモノや、大人数でワイワイと楽しめるようなモノ、また時間も10分程度で終わるモノから数時間要するモノまで、実に様々! そこで、"ボドゲ"初心者が入門に最適な定番の「ボードゲーム」を、"ボドゲ"中級者・Masaが紹介していきます。

これまで紹介されたのは『ワードバスケット』『ハゲタカのえじき』『ごきぶりポーカー』『ガイスター』『カルカソンヌ』。今後も続々紹介していく予定だという。

取材協力にあたっているのは地元のボードゲームサークル「いわきでボードゲームは、セザンヌ会」。記事を見てサークルに参加したいという連絡をしてきた方もいるそうで、地方都市ならではの小回りのよさが奏功しているようだ。

タウンマガジンいわき
いつも turn the tide.:タウンマガジンいわきにボードゲーム記事が掲載されました!

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください