「青い街」法人化、多彩なサービス打ち出す

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

青い街同人ゲームサークルの「青い街」は7月1日法人化し、「できるだけシンプルに、誰でも楽しめる」カードゲーム作りを目指して新たな活動を開始した。

Ungerade』『Paar』『Grund』『再見』(リンク先:TGiWレビュー)といった手軽なカードゲームを発表してきた「青い街」。代表の杉岡一樹氏だけの個人事業で、ゲームの考案からデザイン、営業活動までを行うことにより、制作費の節減を狙う。そして「カードゲームを使った面接サービス」「グッドデザイン賞への応募」「返金保証キャンペーン」と、次々と新しい試みを打ち出している。

カードゲームを使った面接サービスは、応募者にカードゲームをプレイしてもらい、そこから得られる情報を採用判断に反映させるもの。「青い街」がカードゲームを提供すると共に面接で押さえるべきポイントなどをレクチャーする。カードゲームを通して応募者をリラックスさせ、本音を引き出し、理解力・応用力・挑戦意欲・協調性などの資質を見極められるという。40,000円(税別、交通費別)程度。

グッドデザイン賞への応募は、ビジュアル・デザイン面だけでなく、ケースと解説書を一体にしたパッケージをアピールするもの。すでに書類選考による一次審査を通過し、現物による二次審査に進んでいる。授賞発表は10月。

返金保証キャンペーンは、公式サイト経由で販売された分について、期間限定で面白くなければ全額返金に応じる。夏休みの帰省で、家族や友人と楽しく遊んでもらいたいという。本日から8月5日(火)までの2週間。公式販売サイトはこちら。対象は4製品で、1500~2200円で販売されている。

実際に遊ぶまでの敷居が高いボードゲーム。杉岡一樹氏はその敷居を下げるため様々な試みを今後も続けていきたいという。

青い街

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください