人狼コミック、相次いで発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

人狼をテーマにしたコミックが、先月と今月に相次いで発売されている。書店では殺人ゲームものとして他書店

『汝は人狼なりや?‐true or lie‐』は第1巻が6月9日発売。無料で読めるコミックサイト「くらげバンチ」から生まれた。小学生時代に友人を亡くした心の傷をもつ高校生が、ある日突然、生死をかけた「人狼ゲーム」に巻き込まれる。プリ山ペニ夫原作、筧・漫画、新潮社、605円。

くらげバンチ:汝は人狼なりや?‐true or lie‐

『人狼ゲーム』は、映画化された小説をもとにしたコミックで、コミック誌「キスカ」に連載され、第1巻が7月7日発売となった。女子高校生が、ある晩何者かに拉致され、目覚める、謎の密閉空間に同じ高校の生徒たちが集められていた。恐怖と戦慄に満ちたデスゲーム「人狼ゲーム」に強制的に参加させられることになる。川上亮原作、小独活・漫画、竹書房、648円。

竹書房:人狼ゲーム

高校生が主人公で、人狼ゲームに巻き込まれるという設定の2作品、この機会に読み比べてみよう。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください