『パンデミック:迫りくる危機』日本語版、7月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは7月下旬、協力型ウィルス撲滅ゲーム『パンデミック:新たなる試練』の拡張セット『パンデミック:迫りくる危機(Pandemic: On the Brink)』日本語版を発売する。2~5人用、13歳以上、45分、3600円(税別)。プレイするためには基本セット『パンデミック:新たなる試練』が必要。

長らく絶版となっていた『パンデミック:絶体絶命』を、新しい基本セットの仕様に合わせてリニューアルした拡張セット。ズィーマンゲームズ(カナダ)が昨年1月にオリジナルの英語版をリリースしていたが、その日本語版がようやく発売された。ルールに変更はないが、アートワークが一新され、マーカー類も新しくなっている。旧版の『パンデミック』とはカードのデザインが異なるため互換しない。

パンデミック:迫りくる危機(コンポーネント)病原体の1つが猛毒性の病原体に変異する「猛毒株」、第5の病原体が発見される「変異種発見」、プレイヤーの1人が人類の敵となって世界各地に新種の病原体をばら撒く「バイオ・テロリスト」という3つのルールが入っており、ゲームの難易度を上げる。ほかにも5人プレイ用ルール、最高難易度ルール、追加の7つの役割と8枚のイベントカード、病原体コマを収納できるペトリ皿などが入っており、パンデミックをさらに深く遊び込めるだろう。

ホビージャパン:パンデミック

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください