ドイツ年間ゲーム大賞に『キャメルアップ』、エキスパート大賞は『イスタンブール』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)選考委員会は本日10時30分(日本時間の17時30分)、ベルリン市内のホテルにて今年度大賞の発表と授賞式を行った。5月19日に発表されていた(TGiWニュース)各3タイトルのノミネート作品から、大賞には『キャメルアップ』、エキスパートゲーム賞には『イスタンブール』が選ばれた。

審査員は授賞式の前夜に投票して大賞を決定する。ノミネート作品のデザイナー、イラストレーター、出版社の代表が招かれ、エキスパートゲーム大賞(灰色のポーン)、年間ゲーム大賞(赤いポーン)の順に発表された。それぞれ3タイトルのノミネート作品を順番に紹介した後、大賞が発表された。

『イスタンブール』(ペガサスシュピーレ)でエキスパートゲーム大賞を受賞したR.ドーン氏は、『ジェノバの商人』『ジャンボ』『ラスベガス』『ロスマンフォス』に続く5回目のノミネートで初の大賞を受賞した。インタビューでは、『イルヴェッキオ』をホールゲームズのR.ブルーン氏が編集に携わったことを明かした。『キャメルアップ』(エッガートシュピーレ)のデザイナーであるS.ボーゲン氏は一昨年にキッズゲーム大賞を受賞した『フビを捕まえろ!』に続く2回目の栄冠。選考委員は「ワイルドなレースが感情を呼び覚まします。全ての年代層で期待し、心配し、笑えるゲームです」と評している。

今回、両方の賞がドイツ人デザイナーの作品で占められるのは4年目で初。授賞式に先立って選考委員のB.レーライン氏が、ドイツのワールドカップ優勝に触れ、喜びを表したが、世界一権威あるボードゲーム賞も自国ドイツに与えられた。

ドイツ年間キッズゲーム大賞の発表はすでに先月10日に発表され『幽霊、幽霊、宝探し(Geister, Geister, Schatzmeister)』が選ばれている(TGiWニュース)。

『キャメルアップ』も『イスタンブール』も、現在のところ輸入版がホビージャパンの取り扱いにより販売されている。

Spiel des Jahres e.V.
TGiWレビュー:キャメルアップ
TGiWレビュー:イスタンブール



Broadcast live streaming video on Ustream

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください