ホビージャパン、9月の輸入リストを発表

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは9月発売予定の輸入ゲームリスト6タイトルを発表した。英語などの外国語版だが、日本語ルールが添付される。8月の14~17日にアメリカ・インディアナポリスで行われるゲームイベント「ジェンコン」で発表される新作。10月にドイツ・エッセンで行われるシュピールに先駆けての販売だ。

アビス(ボックス)アビス(Abyss)
B.カタラ&C.シュヴァリエ作、アスモデ(フランス)、2~4人用、14歳以上、約45分、7,000円(税別)。
C.シャヴァリエ(『ソルターニーエ』『コンチネンタル・エクスプレス』『カプチーノ』)とB.カタラのコンビによる、水底深くにある世界「アビス」の要衝を支配して、その組み合わせや収集で発展を競うカードゲーム。
プレイヤーは協力者を集め、協力者を通じてアビスの領主たちを味方とし、その力をもって都市の様々な場所に影響力を振るう。
協力者のカードはドラフトによって獲得するが、アビスの領主たちはゲームボード上に並べられており、獲得した協力者のカードをコストとして支払うことで獲得できる。要衝は領主たちを使って獲得できるが、獲得に使った領主の特殊能力は使えなくなってしまう。いつ、どの領主を使って要衝を支配するのかが重要になる。

アビス


ブラック・フリート(ボックス)ブラック・フリート(Black Fleet)
S.ブリーズデール作、スペースカウボーイズ(フランス)、3~4人用、14歳以上、約60分、8,500円(税別)。
『キーフラワー』や『ウィ・ウィル・ウォック・ユー』の作者が『宝石の煌き』の出版社から発表する注目の大型ゲーム。
カリブ海の海賊、商人、そして海軍の艦長代理となって栄光と富を求める。そのために3種類の異なった役割の船を指揮しなければならない。商船は港から港へ商品を運んでお金を稼ぎ、海賊船は商戦を襲ってお宝を奪い何処かの島へ埋めて隠し、軍艦で敵プレイヤーの海賊船を沈める。手に入れた金でカードを購入して船を強化したり、特殊な能力を与えることができる。運命カードを使って敵プレイヤーの裏をかき、誰より早くお金を貯め、囚われの総督の娘の身代金を払って勝利をつかむのは誰か。

ブラック・フリート(コンポーネント)


ヒュペルボレア(ボックス)ヒュペルボレア(Hyperborea)
A.チャルヴェシオ&P.ジッツィ作、アスモデ(フランス)、2~6人用、12歳以上、90分、12,000円(税別)。
魔法の王国を繁栄させるファンタジー文明発展ゲーム。新たなる土地を得て、怪物を討ち滅ぼし、新たなる技術を見出し、国力を高みに導く。敵となる文明は、それぞれ独自の能力を備えており、征服事業は一筋縄ではいかない。
自文明の袋の中には、強力な国家へと成長するために行う開発に必要な文明コマが入っており、自分のターンに毎ラウンドランダムで取る3個のコマを使って、自文明を発展させていく。この「バッグビルディングシステム」が、プレイ時間を短縮した。
豪華なコンポーネントに、シンプルでプレイしやすいシステムを備えた新作だ。

ヒュペルボレア


シノビ・クランシノビ・クラン(Shinobi Clans)
J.マイヤー作、ポストヒューマンスタジオ(アメリカ)、3~5人用、13歳以上、60分、3,600円(税別)。
プレイヤーは残忍で狡猾なニンジャ・マスターとなり、配下のニンジャを率いて秘密の任務を遂行する。危険なローニン、高貴なダイミョウ、恐るべきショーグンたちに見え、最も腕の立つ暗殺者を雇って業物の武器を与え、ほかのニンジャ・クランの裏をかくのだ。
最も労の少なく、報酬が多い目標に対する任務を密かに選び、カードドラフトで任務に適したニンジャに最適な武器を与える。そしてニンジャをカード・スタックで慎重に配置し、敵ニンジャの計画を霧散させよう。秘密の部隊を雇うことで、密偵に戦略を盗み見られないようにすることもできる。
最後に明かされるまで、プレイヤーのクランのアクションと目的は隠されている。煙幕が掻き消え、計画、目的、シノビの技は明らかになったとき、はたして勝者は誰なのか?

シノビ・クラン(コンポーネント)


DIEファイター宇宙ダイス作戦:DIEファイター拡張セット(Space Cadets: Dice Duel - Die Fighter) 
J.エンゲルステイン&S.エンゲルステイン作、ストロングホールドゲームズ(アメリカ)、2~10人用、12歳以上、約30分、4,800円(税別)。プレイするためには『スペース・カデット:宇宙ダイス作戦(Space Cadets: Dice Duel)』が必要となる。
チーム協力型ダイスゲーム『スペース・カデット:宇宙ダイス作戦』に2つの新たな要素を追加するの拡張セット。
「戦闘機」はプレイヤー1人が扱い、単独で行動し高速で機動性に富んでいますが、シールド装置は装備しておらず、容易に破壊される可能性がある。人数によっていくつかシナリオがあり、宇宙船(主力艦)1隻と戦闘機1機でチーム戦をする「空母戦」、一方のチームが戦闘機2機を受け持ち、もう一方のチームは主力艦で迎え撃つ「航空突撃」、戦闘機同士がドッグファイトを繰り広げる「航空戦」などがある。
また、27枚の試製装備カードは、主力艦に新兵器、現行装備の拡張型、新たな移動方法など特殊な能力を加える。各チームはカードドラフトにより装備を選び、自分たちの主力艦をその戦略に併せて強化していこう。

マスカレイド拡張ブルーノ・フェイドゥッティのマスカレイド:エクスパンション(Mascarade Expansion)
B.フェイドゥッティ作、ルポ・プロドゥクシオン(ベルギー)、2~13人用、10歳以上、30分。3,400円(税別)。プレイするためには『ブルーノ・フェイドゥッティのマスカレイド』が必要。
斬新なシステムと幅広い対応人数で人気の正体隠匿系のゲームが、さらに深みを増す拡張セット。はたしてあなたは高級娼婦に骨抜きとされてしまうのか、死霊術師の呪文に屈してしまうのか? ほかにも錬金術師や人形遣いなど、新たな13の仮面が、己すらも正体を失う仮面舞踏会に加わる。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください