『人生ゲーム獄辛』発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

タカラトミーは本日、『人生ゲーム』シリーズ55作目となる新作『人生ゲーム獄辛(ごくから)』を発売した。2~6人用、6歳以上、3800円(税別)。初年度8万個の販売を目指す。

『人生ゲーム極辛』(2009年)以上に世知辛い人生ゲーム。ブラック企業や増税、ネット炎上などを反映し、ゲーム内の未婚率も過去最高に設定するなど、ゲームシステムやイベント内容がより辛口なゲーム内容になっている。

マス目の内容も、「始末書のコピペがバレた」「寂しいわぁ...深夜帰宅の独りゴハン...」「SNSが乗っ取られてブログが炎上」「涙がこぼれないように上を向いて歩いたらドブに落ちた」など、世知辛い世の中を生きる上で避けることができない心労や出費が多くなっており、給料が半額になる「パニックカード」や、いたるところに仕掛けられた「落とし穴」が負の連鎖を生み出す。

一方、「甘神様」を味方につければ、トラブルの大半を回避でき、地獄から一気に極楽人生へ変わることもできる。しかしほかの人が「甘」のマスに止まると、甘神様はその人へ移動してしまう。トラブルだらけの人生の中、クモの糸ほどの運をつかんで幸せになるのは誰か。

タカラトミー:人生ゲーム獄辛

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください