『ルーニークエスト』多言語版、10月中旬発売→2月に延期

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは10月中旬(2015年2月以降に延期)、面クリアTVゲーム風のボードゲーム『ルーニークエスト(Loony Quest)』の、日本語を含む多言語版を発売する。2~5人用、8歳以上、20分、4000円(税別)。

ドット絵でお題を当てるゲーム『ピックス』のデザイナーコンビ、L.エスコフィエとD.フランクによる新作で、リベユ社(フランス)から今秋発売される。6月にブルーオレンジゲームズ(アメリカ)から発売された『ドゥードルクエスト(Doodle Quest)』をファンタジー風に仕立てた作品だ。

プレイヤーは勇者となって、ファンタジー世界「アルカディア」を旅しながら、できるだけ多くの経験ポイントを獲得する。TVゲームのステージのように仕立てたボードに、障害物にぶつからないように感覚と勘でうまく線を引いていくという異色のゲーム。

アルカディアには7つのワールドがあり、それぞれ6つのレベルと、恐ろしいボスが守っている。各レベルではミッションが与えられ、チャレンジボックスで指示された内容のラインを自分のスクリーンに制限時間内に書く。指定の時間が経過した後、自分のスクリーンをレベルシートの上に重ね、書いたラインがうまくいったかをチェックして、経験ポイント・ボーナス・ペナルティトークンを受け取る。

すべての面をクリアして、ハイスコアを達成するのは誰か。TVゲーム世代に直撃のテーマと、ユニークなシステムが注目のお絵かきゲームだ。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください