第9回カルカソンヌ世界選手権、望月隆史氏優勝

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

10月19日、ドイツのエッセンで行われているメッセ「シュピール」にて、第9回カルカソンヌ世界選手権が開催され、日本代表の望月隆史氏が昨年優勝のP.リツァルドプロス氏(ギリシャ)を破って優勝した。日本代表は4回目の参加にして初めて栄冠をつかんだ。

世界32カ国の代表と、昨年のチャンピオンP.リツァルドプロス氏が参加。予選を6ゲーム行い、勝ち数で上位4人が準決勝に進出した。予選を通過したのはスロヴァキア、日本、ポルトガル、ギリシャ代表という顔ぶれ。望月氏を除く3人は全員、ギリシャ代表のP.リツァルドプロス氏をはじめ昨年の世界選手権にも出場している。一昨年のチャンピオンで昨年は準優勝だった本命のM.モイズィス氏は5位で予選通過ならず。

望月氏は予選を2位で通過し、準決勝ではポルトガル代表を40点という大差で破って決勝に進出した。決勝はP.リツァルドプロス氏との対決となり、劣勢だったが104対87で逆転勝利。第6回で準優勝した小向真之介氏の成績を上回り、日本初の優勝トロフィーをもたらした。

会場ではカルカソンヌのデザインをあしらった着物姿のメビウスママさんをはじめ、多くの日本人が応援に駆け付けた。ツイッターでは愛好者による祝福と興奮の声でにぎわっている。

Togetter:2014カルカソンヌ世界選手権大会
Spielzentrum Herne:8th Carcassonne World Championships 2014

リンクフリー このバナーをお使いください