ブロッキーマウンテンズ(Blocky Mountains)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

山登りは集中力

指定された積み木上で人とグリズリーのコマを落とさないように移動するドイツのアクションゲーム。ドイツのクラウドファンディング「スタートネクスト」で資金集めに成功し、シュピール'14での発表にこぎつけた。ドイツ人よりは器用さにおいて有利だと思われる日本人でさえ、相当の集中力が要求される。

チャレンジカードをめくり、指示されたように積み木を並べる。人とグリズリーのコマを置いたらスタート。指示されたカギ棒で人やグリズリーのコマを移動し、目的地まで移動する。成功したらチップをめくり、その数だけプレイヤーコマを進める。先にゴールした人の勝ち。

難易度はA,B,Cの3つ。さらに、ボーナスのある追加難易度も選べる。カギ棒の先に紐をつけて吊り下げながら移動したり、障害物を増やしたり。ボーナスのリスチップをもらうと、コースをショートカットしたり、失敗したときにやり直ししたりできる。

4人プレイで40分ほど。序盤は簡単なものをプレイしてみた。「余裕じゃないですか?」「ドイツ人はこれでも難しいのかな」などと言っていられたのもつかの間。調子に乗って難易度を上げると難しいのがどんどん出てくる。最初にぶつかったのは、ひもで吊り下げて振り子で置くというチャレンジ。勢いがつきすぎて飛び出したり、逆に弱くて届かなかったり。ふうかさんが見事に成功させたときは拍手が起こった。次は細い橋の上を、グリズリーでコマを押させて進むチャレンジ。曲道に障害物まで置いてある。このチャレンジはじっくり時間をかけて私が成功させた。こんな調子で、ゲームが終わる頃には精根尽き果てたが、後からじわじわとまた遊びたくなった。

Blocky Mountains
G.ユンカー/ユフシュピーレ(2014年)
1~7人用/8歳以上/30分
国内未発売

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください