ボードゲーム専門クラウドファンディング 「A-JORITY」

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

『落水邸物語』のデザイナー佐伯拓也氏は仲間とともに、ボードゲームの出版を支援する合同会社「wird」を立ち上げた。来年からクラウドファンディングによるボードゲーム出版支援サービス「A-JORITY(アジョリティ)」を開始するほか、オリジナル作品の企画・制作、ボードゲーム製作のコンサルティングサービス、各種イベントの企画・実施を行う。

ゲームマーケットで発表されるインディーズゲームが激増している今日、小規模頒布のためにすぐに売り切れ、追加生産ができないケースが相次いでいる。製造販売に対するノウハウがないことや資金面の問題などを解決し、良質なゲームの供給不足を解消するのが狙い。佐伯氏があるボードゲームの出版でアドバイザーに呼ばれたとき、「クラウドファンディング」と「製造・出版・販売までの一連のサポート」がカギとなることが分かり、そのイメージが会社立ち上げのきっかけとなったという。

製品化のアドバイザーは川崎晋氏、ワンドロー、沙月みと氏、コンポーネントデザインはTANSANFABRIK、ワンドロー、長谷川登鯉氏、井上磨氏、製造は萬印堂、池田紙器工業、タチキタプリント、販売はゲームストア・バネスト、メビウスゲームズ、gamefield、サンセットゲームズといった経験豊富なメンバーが並ぶ。

独自のクラウドファンディングサイトを立ち上げ、応募のあったプロジェクトに資金を集めるだけでなく、自社企画でも同人ゲームの製品化や海外絶版ゲームの再販プロジェクトで資金募集していく予定。すでに最初のプロジェクトとして、ある同人ゲームの製品化・出版企画を進めているという。また、今後、事業全体への出資も募集しており、出資者の意見を反映したプロジェクトも立ち上げる見込みだ。

国産ボードゲームのクラウドファンディングはすでに何例か成功例があるが、資金面だけでなくノウハウまでトータルに支援する仕組みができたことで、国産ゲームの活況に弾みがつきそうだ。

ボードゲーム専門クラウドファンディング「A-JORITY」(アジョリティ)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください