『カードライン:動物編』日本語版、11月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは11月下旬、動物雑学カードゲーム『カードライン:動物編(Cardline: Animals)』日本語版を発売する。2~8人用、7歳以上、15分、2200円(税別)。

動物のいろいろな特性を順番に並べるゲーム。好評発売中の歴史雑学カードゲーム『タイムライン』の姉妹編として、2012年にアスモデ社(フランス)から発売された。『カードライン』シリーズも好調で、国編と恐竜編が発売されている。

全110枚のカードそれぞれには、哺乳類、鳥類、魚類、昆虫類などさまざまな動物と、その動物の特性(平均全長、平均体重、平均寿命)が記されている。このカードをその時のルールで決めた特性(大きさ、重さ、寿命のいずれか)の順に正しく並べていくのがこのゲームの目的。

場札の右か左に、手札の1枚を出す。出したカードをめくって、置いたとおりに前のカードより特性が多い/少なかったらOKで、違っていたらカードを捨てて1枚引かなければならない。だんだん狭くなってくる領域に、うまくはめこむことはできるか。「ヒツジはハリネズミよりも大きくて重いということはわかるけど、どっちが長生きするのかな? たしかカメは長生きのはず。ハリネズミも同じくらい小さくて軽いので、長生きしそうだけど......でも、寿命の長いことで有名なゾウやクジラと比べたら......」などと悩むことになる。

遊び方は簡単で、楽しみながら動物の知識も身につく、子供から大人までエキサイティングにプレイできるカードゲームだ。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください