イリーガル(Illegal)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

部屋の隅でゴニョゴニョ

イリーガル

酒、銃器、麻薬、ポルノ雑誌、売春婦、宝石、秘密ファイル、盗難車・・・アングラで非合法なものを交換で集めるカードゲーム。最後には裁判があるので、何を出し、何を集めているかバレてはいけない。

各プレイヤーには、いずれかのディーラーと、いずれかのバイヤーがランダムに割り当てられる。麻薬ならディーラーは麻薬商で、バイヤーはロックスター。ポルノ雑誌ならディーラーはポルノ出版社で、バイヤーはコレクター。売春婦ならディーラーはポン引きで、バイヤーは金持ちの王族。何が割り当てられたか、ほかのプレイヤーに知られてはいけない。

ディーラーに対応するリソースを5枚と、それ以外のリソースを1枚持ってスタート。3分間与えられるので、その間にほかのプレイヤーと自由に交換する。この交換の仕方が独特で、1対1で部屋の隅に行ってヒソヒソ話で交渉するのだ! これは、どのアイテムを流しているか、そしてどのアイテムを集めているか隠すための仕組みだが、イリーガル(非合法)感が漂う。交換が終わったらまた別の人と部屋の隅へ。「これとこれでどうでしょう?」「それならこれで・・・」「ほかにいいブツはありませんか?」

3分経つと、リソースの分配がある。各種類1枚ずつテーブルに並べて、早い者勝ちで1枚ずつ取っていく。ここでも、誰が何を取ったかが裁判での手がかりになるので、集めていないものをわざと取ったりしてカモフラージュする。

交渉・リソース分配を5回行って15分。そして裁判が始まる。裁判では、ディーラーとバイヤーが1人指定され、それはどのプレイヤーなのかを1分間議論する。議論が終わったら一斉指差しで投票。票数の多かった人にそれぞれの容疑者カードが行く。これをプレイヤー人数分だけ行ったら、種明かしの時間だ。

順番に自分のディーラー、バイヤーカードを公開し、裁判で受け取った容疑者カードが当たっていれば-5点、外れれば+1点。ほかにバイヤーに対応するリソースが1枚1点となって、合計点の多い人が勝ち。

5人プレイで25分。カードの割り当てと時間の管理はゲームマスターがすることになっていたが、様子を見に来た妻にカードを割り当ててもらって、時間は同梱の砂時計ではなくアラームの出るスマホを使用したため、全員が参加できた。

序盤は様子見で、集めていないカードをぐるぐる回したため、バイヤーもディーラーもほとんど分からない状態。でも好きそうという理由だけでtomokさんにポルノ雑誌と売春婦が集まっていく。tomokさんから、やたらこの2つが流れてくるので、実際は集めていないだろうなと思ったが、結局tomokさんのバイヤーは金持ちの王族で、売春婦を集めていたのだった。裏をかかれる。

でも1位はノーマークのお酒をコンプリートした上に、怪しまれるだけ怪しまれて投票で得点したcarlさん。結局投票は誰も当てられなかったが、カモフラージュし過ぎると怪しくなくなって、誰からも投票してもらえないことが分かった。ほどほどの怪しさが重要だ。

Illegal
C.ベーリンガー/ルディカリー(2014年)
5~9人用/18歳以上/25分
国内未発売

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください