『テラミスティカ:氷と炎』日本語版、11月20日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズは11月20日、ファンタジー陣取りゲーム『テラミスティカ』の拡張セット『氷と炎(Feuer & Eis)』日本語版を発売した。J.ドレーゲミュラー、H.オスターターク作、2~5人用、12歳以上、プレイヤー人数×30分、5830円(税込)。プレイするためには『テラミスティカ』基本セットが必要となる。

先月ドイツ・エッセンで開かれたシュピール'14の新作。イエティなど地形を新たに変える種族6種類と、新しいゲームボードのほか、白とオレンジのプレイヤーコマセットが入っている。

新たなゲームボードやボーナスタイルによる変化により、基本セットとは違った戦略が生まれる。新たな勢力は、自らの地形をもたないものやボード上のパワーアクションの使用に特化した強さをもつものなど特徴的で、基本セットをやり込んでいても、新鮮なプレイ感覚が味わえる。さらに、新たに追加される手番順を決めるルールも追加できる。

『テラミスティカ』は一昨年の秋に発売され、ドイツゲーム賞、トリックトラック賞、ゴールデンギーク賞、ポーランド年間エキスパートゲーム大賞、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞ノミネート、国際ゲーマーズ賞ノミネート、チェコ年間ゲーム大賞ノミネート、オランダゲーム賞エキスパート部門ノミネート、ベルギー年間ゲーム大賞ノミネート、ポルトガル年間ゲーム大賞ファイナリストと、国際的に高い評価を受けている。日本ではテンデイズゲームズが日本語版を発売しているが、入荷するたびにすぐ売り切れている人気作品だ。

テンデイズゲームズ:テラミスティカ:拡張 氷と炎

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください