『世界の七不思議:バベル』多言語版、12月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

世界の七不思議:バベルホビージャパンは12月下旬、文明発展ゲーム『世界の七不思議(7 Wonders)』拡張セット『バベル(Babel)』多言語版を発売する。2~7人用、10歳以上、40分、4600円(税別)。プレイするためには『世界の七不思議』基本セットが必要。多言語版のため日本語ルールは同梱されるが、カード名や都市名はローマ字表記となる。

2010年に発売され、ボードゲーム賞を総なめした『世界の七不思議』。『指導者たち(Leaders、2011年)』、『都市(Cities、2012年)』に続く最新の拡張セットが早くも登場する。この拡張セットには、神話上の塔を建造する「バベルの塔」と、バベルの塔の周辺地域を整備する「バベルの偉大な計画」の2つの拡張ルールと、追加の内容物が入っている。

すべての文明が視線を向ける荘厳なバベルの塔が天へと向かって建造されていく。各プレイヤーはその建造に参加し、名誉ある関連計画を助成することによって、この驚異の建造物を支援する。バベルの塔は建造されるごとに、商業、軍事、科学、民政に関して全プレイヤーに影響を及ぼし、塔の周りには市壁や港、さらには公文書保管所、そしてオベリスクや凱旋門などの誉れ高い記念碑を建造できる。

この発売に合わせて、『世界の七不思議』基本セットの日本語版(税抜6000円)と、『世界の七不思議:都市』の多言語版(税抜3000円)も入荷する予定となっている。

世界の七不思議:バベル(コンポーネント)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください