『ブラックストーリーズ3:とんでもなく過激な50の"黒い"物語』、12月13日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

casaicは12月13日、ドイツの推理ゲーム第3弾『ブラックストーリーズ3:とんでもなく過激な50の"黒い"物語(Black Stories 3)』を発売した。H.ベッシュ作、2人以上、12歳以上、2~222分、1500円(税別)。

2004年に始まった『ブラックストーリーズ』シリーズは毎年新作がリリースされ、本国ではすでに10まで発売されている。今回日本語版となった3は、2006年の作品。

「男がサボテンの横で倒れて死んでいた。サボテンには、1枚の紙切れが留められていた。」「パスカルはリラックスしながら朝食をとっている最中に命を落とした。」「スティービーはベッドに寝ていた。女が彼の腹を引き裂いた。」そんな結末の裏にあるものは? 出題者と解答者にわかれて、イエス・ノー形式で解答可能な質問を重ねて謎の真相を解き明かそう。ルール説明不要ですぐ遊べるのでパーティー向けによい。

グループSNEでは、発売を記念してオリジナルブラックストーリーズを募集した。その結果は本日発表され、優秀作品7作がイラストとともに公開されている。

グループSNE:ブラックストーリーズ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください