鈴木銀一郎氏、80歳を迎える

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲームデザイナーの鈴木銀一郎氏が11月24日、80歳の誕生日を迎えた。福本皇祐・アークライト社長らによって都内で傘寿祝賀会が開かれ、約70名が参加した。

百科事典の編集者を経て、1981年にレックカンパニー、1984年に翔企画を設立し、ワールドウォーゲームシリーズやモンスターメーカーシリーズを生み出したほか、小説も執筆。近年も創作意欲は衰えず、一昨年には翔エンタープライズで『ウルフレンドクエスト』などの単独デザイン作を発表した。

著書『ゲーム的人生論』によると、囲碁、将棋では何段という目標を定めて、手筋辞典や詰将棋を延々何百問も解く。麻雀では、徹夜して2,3時間眠ってまた徹夜。ノルマンディー上陸作戦をもとにした自作SLGでは、テストプレイで1ゲーム40時間。テレビゲームは月200時間ということもあったという。ゲームに捧げる人生は、他の追随を許さない。

ドイツゲームデザイナーの長老格W.クラマーより8歳年上で、現役最高齢の鈴木氏。11月16日のゲームマーケットにも参加し、各ブースを見て回っており、祝賀会も元気な様子でますますの活躍が期待される。

柴崎銀河の心 Blog:鈴木銀一郎先生の傘寿を祝う会

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください