バックギャモンの望月氏、企業スポンサー契約

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームアプリ提供会社のHEROZ(ヒーローズ)は23日、『バックギャモン』世界ランク1位の望月正行氏とスポンサー契約を締結したことを発表した。今後、HEROZは、望月氏のオフィシャルパートナーとなる。

望月氏は1979年生まれの東京都出身。2003年より世界中の大会で好成績を収め、2009年のバックギャモン世界選手権(優勝賞金62000ユーロ)でアジア人初の世界チャンピオンとなった。2014年は14の国際大会に参加し、テキサス、ミュンヘン大会で優勝。ほかにも10回入賞という成績で現在の世界ランキングが1位となっている。また、日本バックギャモン協会(JBL)にも所属し、日本・世界各地でのバックギャモンの普及活動や大会・例会運営も行っている。

HEROZは、AIを活用したゲームアプリを提供している会社で、『バックギャモン』においても、オンライン対戦スマートフォンアプリ『バックギャモンエース(BackgammonAce)』を世界中に提供し、世界150か国以上で楽しまれている。望月氏のオフィシャルパートナーとして、活躍を支援するとともに、普及活動にも協力する考えだ。望月氏も世界大会やイベントなどで『バックギャモンエース』のジャケットを着用するほか、アプリの改良や普及に携わる。

ボードゲームのプレイヤーに企業スポンサーがつくのは珍しいケース。望月氏は「HEROZとスポンサー契約を結ぶことに、非常に興奮しています。私はAIを使ってバックギャモンを強くなった最初の世代だと思いますが、AIはバックギャモンのレベルと環境を劇的に変えました。現在のバックギャモンは人類史上最高レベルと断言できます。今後はAIのプロがパートナーについてくれるので、こんなに心強いことはありません。今年も10回以上の海外遠征を予定しています。数多くのタイトルを取り、HEROZとともに世界を驚かせていきたいと思っています。そして、人間はどこまでいけるのか、ライバルと共に追究したいと思います。」とコメントしている。

HEROZ:世界ランクNo.1のプロバックギャモンプレイヤーの望月正行選手とスポンサー契約を締結~あきらめずに世界を舞台に挑戦し続けます~

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください