『コヨーテ』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは本日、イタリアの推理&ブラフゲーム『コヨーテ(Coyote)』日本語版を発売した。S.アルベルタレッリ作、2~10人用、10歳以上、15~30分、1800円(税込)。初回限定で小冊子「コヨーテの話」が付属する。

今はなきキダルトゲームズ(イタリア)から2003年に発売された作品。作者は『ファブフィブ』と同じアルベルタレッリである。アラカルトカードゲーム賞7位、トリックトラック章ノミネート、日本ボードゲーム大賞(入門者部門)2位に選ばれ、2006年にラベンスバーガー(ドイツ)が『パウワウ(Pow Wow)』というタイトルでリメイクしたほか、現在までいくつかの出版社から再版されている。

プレイヤーは各自1枚の数字カードを引き、自分にだけ見えないようにもつ。まず一人が、ほかのプレイヤーのカードの数字を頼りに、全員が持っているカードの数字の合計を推理して、それを超えないと思う数をいう。同様にして時計回りに数字を上げていき、右どなりのプレイヤーのいった数が大きすぎると思ったら「コヨーテ!」と叫んで、全員のカードを真ん中に出し、答え合わせをする。右どなりのプレイヤーのいった数がカードの合計を超えていたらそのプレイヤーの負け、超えていなければ「コヨーテ!」をいったプレイヤーの負けとなる。3回負けたら脱落し、最後に残った人の勝ち。

ほかの人のいった数字から自分の数字を推理するが、かまをかけて大きい数字をいって推理を混乱させるというブラフ要素もある。そのため数字だけでなく、顔色を見て真偽を見極めることが大切で、対面の楽しさを存分に味わうことができる。また大どんでん返しの特殊カードも選択で導入でき、やりこみ要素がある。

日本語版にあたって、タンサンファブリークがデザインを担当。イラストを一新して箱をカードゲームサイズにダウンサイズ。さらに遊べる人数を増やす、カード裏面をサマリーにする、ライフ表示をカードで表すなど、遊びやすさに徹底的にこだわった一品となっている。

play:game評価コメントリスト:コヨーテ

コヨーテ日本語版(コンポーネント)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください