ホビージャパン、2014年の販売数ランキングを発表

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは、昨年の販売数ランキングを発表した。昨年に引き続き、『ドブル』が1位となっている。

新作では『クトゥルの呼び声フラックス』『キャメルアップ』『パンデミック:迫りくる危機』『宝石の煌き』が10位以内にランクイン。2013年に再販された『パンデミック:新たなる試練』が6位から2位に順位を上げた。

今年のドイツ年間ゲーム大賞関連では、大賞の『キャメルアップ』が6位、ノミネートの『宝石の煌き』が9位、『コンセプト』が14位、エキスパート大賞の『イスタンブール』が31位と順当な結果となっている。

『ドミニオン』は3位まで順位を落としたが、個数は2位だった昨年よりも増えているという。「TCG系のゲーマーでドミニオンからアナログゲームをはじめて、他のゲームにも触れていく機会が増えている」と分析している。全体でも、2013年の30位までの販売個数と、2014年の17位までの販売個数がだいたい同じとのことで、販売が増えている模様だ。

ホビージャパンゲームブログ:ホビージャパン扱いゲーム・2014年ランキング発表!

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください