『フェレータ』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは10日、ドイツの名作正体隠匿ゲーム『フェレータ(Verräter)』日本語版を発売した。M.A.カサソラ作、3~5人用、12歳以上、60分、1800円(税別)。

オリジナルは1998年にアドルングシュピーレ(ドイツ)から発売されたカードゲーム。アラカルトカードゲーム賞1位、ドイツ年間ゲーム大賞候補、ドイツゲーム賞7位となったほか、秘密職業選択システムは『あやつり人形(2000年)』や『モイタラ(2000年)』に引き継がれた。

ハイランドを舞台に繰り広げられる「鷹の家」と「薔薇の家」の戦で武勲をあげ、より多くのポイントを稼いだプレイヤーが勝利するゲーム。勝負の肝は自らの所属する家を裏切り、陣営を変更する「フェレータ(反逆者)」カードをめぐる推理と駆け引きが繰り広げられる。

プレイヤーは薔薇の家か鷹の家のどちらか側についている。戦争が起こったとき鷹が勝てば鷹側に勝利ポイントが入り、薔薇が勝てば薔薇側に勝利ポイント。各プレイヤーは自分の戦力カードを出して一騎打ちに臨む。しかしながらその陰で戦争に参加せずに耕作や建築をしていたり、さらには相手方の陣営に寝返ったりするチャッカリ者もいるのだ。どのプレイヤーがどの職業についたかは、全員がオープンするまで分からない。誰が裏切ったのか、誰が戦争に参加しないで戦利品だけせしめようとしているのか、読み合いと疑心暗鬼が渦巻く。

今回の日本語版に際して、遊べる人数の上限が、従来の4人から5人に増えたほか、日本語版オリジナルのスコアボードが付属。さらに2003年に限定で発表された拡張ルール用カード「傭兵(Söldner)」を収録し、決定版となっている。

play:game評価コメントリスト:フェレータ

フェレータ日本語版(コンポーネント)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください