プフェファークーヘル2015に『マルコポーロの足跡』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

今年度の新作ゲームの人気を占う「プフェファークーヘル(Pfefferkuchel)」の結果が、ドイツのボードゲーム情報サイト「トリックトラック」にて報告された。

「プフェファークーヘル」は、復活祭の休日を利用して約300名の参加者がホテルに集まり、1週間ボードゲームを遊ぶイベント。参加者は気に入ったゲームを3つまで挙げ、これに上から3,2,1点として集計している。過去11回中10回で、3位以内に入ったゲームがドイツゲーム賞を受賞しており、予備投票に近いものとして注目される。

今年の一番人気は『マルコポーロの足跡』。ダイスを配置してアクションを行い、ヴェネツィアから北京へ旅するゲームで、『ツォルキン:マヤ神聖暦』のイタリア人デザイナーコンビがデザインした。2位はフランスの中世都市を舞台にしたチップ構築ゲームの『オルレアン』、3位は南米の部族たちが争うタイル配置ゲーム『カカオ』。

Boardgame Memo:マルコポーロの足あと

10位以下は次の通り。今年もこの中の多くがドイツゲーム賞に入賞すると考えられ、また現在選考が行われているドイツ年間ゲーム大賞・ドイツ年間エキスパートゲーム大賞へのノミネートも期待される。

【プフェファークーヘル2015】
1位:マルコポーロの足跡(Auf den Spuren von Marco Polo/ハンス・イム・グリュックN)151点
2位:オルレアン(Orleans/dlpゲームズE)136点
3位:カカオ(Cacao/アバクスN)90点
4位:エボリューション(Evolution/シュミットN)55点
4位:アクアスフィア(Aquasphere/ペガサスE)55点
6位:エリジウム(Elysium/スペースカウボーイズN)49点
7位:ウィーン(Vienna/シュミットN)45点
8位:ルイージ(Da Luigi/コスモスE)42点
10位:ファイブトライブス(Five Tribes/デイズ・オブ・ワンダーE)34点
10位:工房の錬金術師(Alchemisten/チェコゲーム出版E)41点
(出版社名の後のEはエッセン・シュピール14、Nはニュルンベルク国際玩具市2015の新作を表す)

Tric Trac:Pfefferkuchel 2015 spürt Marco Polo auf

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください