情報誌『Game Jamboree』創刊

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

5月5日に開かれたゲームマーケット2015春にて、アナログゲームファンのための新しい情報誌『Game Jamboree(ゲームジャンボリー)』創刊号が発売された。A4サイズ44ページ、800円(税別)。ゲームマーケット後は、秋葉原のロール&ロールステーション、イエローサブマリン、書泉、ゲームストアバネスト、ボードウォーク岡山などで頒布されている。

アナログゲームファンによる、ファンの立場で作った雑誌。ふじわらみどり氏が企画・編集で、多くのボードゲーム関係者が参加している。

創刊号は新作ボードゲーム紹介として、『コクーン・ワールド・ザ・ボードゲーム』『ルーニークエスト』『ウィッチャー:ザ・ボードゲーム』を取り上げるほか、カナイセイジ氏のおすすめゲーム、田中としひさ氏のレビュー漫画、萬印堂の取材、ゲームパーツの入手法、ヤポンブランドのインタビュー、キックスターターの体験記など、盛りだくさんの内容。

付録として『成敗』のプロモカード「建部申明」が付属する。

第2号は2015年11月の発行予定とのことで、ゲームマーケットの開催ペースに合わせて製作されるようだ。

Game Jamboree

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください