グループSNEコンテストに寺島氏・宮野氏の作品

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

5月から行われていたグループSNEのボード/カードゲームコンテストの結果が25日、発表された。この一般公募に、寺島由人氏(遊星ゲームズ)の『ソラシノビ』と宮野華也氏(MoBGames)の『ギャンブラーギャンブル!』が選ばれた。

内容物とルールブックがあってプレイ可能な状態であること、未発表であること、そして「これまでの分野作品風ではなく、斬新なもの」という条件のもと行われたコンテスト。8月10日に第一次審査通過作品10タイトルが選ばれ、その中から入選として2作と、選外佳作として3作が選ばれた。

『ソラシノビ』は惑星で順位争いをしながら、それらの特性を使ってリソースを発展、得点を稼ぐゲーム。「テーマのユニークさと、簡単なリソース発展やワーカープレイスメントの妙味を用い、特に両隣の星との絡みがおもしろい、よくできた思考型ボードゲームだと思います」とグループSNEの安田氏。『ギャンブラーギャンブル!』はギャンブラーを雇って、カジノで稼ぐカードゲーム。「カードのその場の選択・獲得の際に、ジレンマに悩むタイプ。短時間で終わるものの、プレイヤー間での絡みなどが凝縮されていて、とてもおもしろいと思います」と評している。これらの入選作は2016年中にグループSNE/cosaicから製品化される予定となっている。

今回入選した2人はゲームマーケットでも出展している実績あるデザイナー。寺島氏には『テラフォーマー』や『ワールドモンガー』、宮野氏には『YAMINABE』や『うそつき王国』などの作品がある。

選外佳作には樫尾忠英氏(ガーデンゲームズ)の『正直者の罠』、酢豚氏(豚小屋)の『王国建設』、増川和人氏の『ガリンペイロ』が選ばれた。

グループSNE ボード/カードゲームコンテスト結果発表&講評

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください