第1回ゲームマーケット大賞、二次審査通過作品発表

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームマーケット事務局は8日、第1回ゲームマーケット大賞の二次審査通過作品15タイトルを発表した。7月に発表された一次審査通過35タイトルの中から選出され、この中から来月に優秀作品、そして大賞が選ばれる。

ゲームマーケット大賞は、アナログゲームシーンのさらなる盛り上がりのために設立された新しい賞。国内最大のアナログゲームイベントであるゲームマーケット過去3回に発表された作品の中から作品をセレクトし、11月のゲームマーケット秋に大賞が発表される。

二次審査を通過した15タイトルの制作者13団体(OKAZU Brandとオインクゲームズから2タイトル選出されたため-2団体)には、今後1年間、出展申し込みが抽選になった場合、自動的に当選する権利が与えられる。

ゲームマーケット公式:【ゲームマーケット大賞】二次審査通過作品 発表!

【ゲームマーケット大賞 二次審査通過作品】
Eight Epics(カナイ製作所)、MAYOR(やおよろズ)、PRINCESS ESCORT(てぃ~くらぶ)、7つの紋章、7つの部族(高天原)、ゲット☆スイートラブ(しらたまゲームス)、ゴー・ダッ・チーズ(OKAZU brand)、チューリップ・バブル(ぐうのね)、ピクテル(ボドゲイム)、ひつじとどろぼう(Power9Games)、ひとひら(桜遊庵)、ブレーメンズ(大気圏内ゲームズ)、ミネルウァ(Minerva)(OKAZU brand)、ライツ(オインクゲームズ)、海底探険(オインクゲームズ)、枯山水(New Games Order)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください