『世界の七不思議:デュエル』多言語版、12月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは12月中旬、文明発展ゲーム『世界の七不思議:デュエル(7 Wonders: Duel)』の日本語を含む多言語版を発売する。2人用、10歳以上、30分。拡張セットではなく、単独でプレイできる。多言語版のため、カード名や都市名は、ローマ字表記になっている。

2010年に発売され、数々のゲーム賞を受賞してきた『世界の七不思議』が2人用対戦ゲームとなった。今年のエッセン・シュピールで出展され、スカウトアクションで同率3位と高い評価を受けている。

各プレイヤーは3つの世代にわたって1つの文明を率い、建造物や七不思議を建造する。各世代のカードは建造物を表し、新しいドラフトシステムで選択し、プレイしていく。カードをプレイすることでコインを獲得したり、軍隊を強化したり、科学的発見を成し遂げたり、都市を発展させたりしていき、より多くの勝利点を獲得したプレイヤーが勝者になる。

新しいカードドラフトシステム、3つの勝利条件、科学的進歩、独創的な軍事システムと新しい要素を加え、新しい七不思議が組み合わせられることで、『世界の七不思議』とは違ったプレイ感が楽しめる。

ゲームの内容物
・ゲームボード 1枚  ・世代カード 66枚  ・ギルドカード 7枚 
・七不思議カード 12枚  ・トークン類 14枚  ・紛争コマ 1個
・コイン 31枚  ・スコアブック 1冊  ・ルールブック 1冊 他

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください