第2回ゲームデザイン討論会、2月7日

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

日本デジタルゲーム学会と遊戯史学会は2016年2月7日、東京・本駒込の東洋文庫ミュージアム(JR駒込駅徒歩8分)にて、第2回となるゲームデザイン討論会の公開ディスカッションを行う。13:30~17:30、参加費1500円、予約制で定員100名。

今年の3月に奥野かるた店で行われた討論会の2回目。テーマは「ゲームと歴史学との遭遇」で、ゲームにおいて歴史的事件やそのメカニズムがどう描かれてきたか(例えば三国志のゲームと古代中国や、『艦これ』と第二次世界大戦の比較)と、歴史学におけるゲームの有用性を議論する。

前準備として、ツイッターで今年6月と8月にこのテーマで意見交換が行われている。
togetter:ゲームデザイン討論会 第十二回「史実とゲームデザイン」
togetter:ゲームデザイン討論会 第十三回「不謹慎ゲーム」について

パネリストはシリアスゲーム研究者の池尻良平氏(東京大学情報学環)、歴史知学の石塚正英氏(東京電機大学理工学部)、ゲーミフィケーション研究者の岸本好弘氏(東京工科大学メディア学部)、AI研究者の三宅陽一郎氏、ドロッセルマイヤーズ代表の渡辺範明氏、ゲーム研究家の草場純氏。スペシャルゲストにゲームデザイナーの鈴木銀一郎氏。当サイトの管理人もコメンテーターとして参加する。司会は蔵原大氏。

参加申し込みは遊戯史学会のフォームから先着順。歴史をテーマにしたボードゲームのデザインや、逆にボードゲームの学術的な活用に興味のある方は参加してみてはいかが。

遊戯史学会:ゲームデザイン討論会―公開ディスカッション2016.02.07

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください