『アンドロイド:ネットランナー』日本語版、2月20日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは2月20日、サイバー闘争をモチーフにした2人用カードゲーム『アンドロイド:ネットランナー(Android: Netrunner)』を発売する。デザイン・R.ガーフィールド&L.リッツィンジャー、2人用、14歳以上、30~60分、5,500円(税別)。

『マジック:ザ・ギャザリング』のガーフィールドらがデザインし、2012年にファンタジーフライトゲームズ(アメリカ)から発売された作品。単体で遊べるLCG(リビング・カードゲーム)というジャンルに属するが、これまでに30を超える多数の拡張パックが発売されている。

未来のディストピアで、計画を押し進める強大なメガコーポレーションと、ランナーと呼ばれる腕利きのハッカーが貴重なデータをめぐって戦う。両プレイヤーは互いに全く異なるルールで争うのが特徴。各プレイヤーはコーポレーションかランナーのいずれかの役割を担い、それぞれのルールの上で、知力や騙し合いや計算されたリスクを手に戦う。

内容物
コーポレーションのカード134枚、ランナーのカード114枚、1クレジット/アドバンストークン51個
クリック記録カード2枚、早見表カード2枚、5クレジットトークン8個、ブレインダメージトークン6個
悪名/タグトークン12個、汎用トークン23個、クリック記録トークン :2個

アークライトゲームズ:アンドロイド:ネットランナー

アンドロイド:ネットランナー

コメント(1)

これは嬉しいニュースですね。
苦労してシールを貼った英語版を売ってしまったので、再プレイしたくても英語版は買う気がおきませんでした。
箱のロゴもオリジナルに忠実で素晴らしい。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください