ナインタイル(Nine Tiles)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

あちら立てればこちら立たず

ナインタイル

9枚のタイルを、お題のパターンと同じ並べる早解きパズルゲーム。『海底探険』でゲームマーケット大賞を受賞したオインクゲームズの新作で、ゲームマーケット2015秋に発売された。パターン認識、手先の器用さに加えて、ゲームが進むにつれて記憶力も試されるエキサイティングなゲームだ。

各自9枚のタイルを並べてスタート。山札からお題カードをめくると、9枚の絵柄が描いてあるので、それと同じように自分のタイルを並べ替える。最初にできた人がお題カードをゲットし、次のお題へ。こうして一番多くお題カードを集めた人が勝つ。

ポイントは9枚のタイルに表裏があるところ。ただ並べ替えるだけではなく、表にしたり裏にしたりしなければならない。マークが足りないときは、合っているタイルをいったん崩して、その裏面を使わなければいけないこともある。

そのためゲームが始まるとみんな大慌て。「ない、ない!」「このタイルの裏だったかな?」「1つ足りなーい!」タイルの裏表を記憶していく冷静さが求められる。ゲーム終盤は、みんながそこそこタイルの裏表を覚えてきて、終わるのがどんどん早くなる。このスピード感がたまらない。

じっくり考えたり悩んだりするものではないが、ほかのことを考えていると後れを取るので夢中になれる作品だ。

ナインタイル
J.C.ペリン/オインクゲームズ(2015年)
2~4人用/6歳以上/10~15分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください