ヘックス&ホップ(Hexx & Hopp)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

焦るほどに分からず

ヘックス&ホップ

六角形のタイルをできるだけ多くの辺の色が合うように置くスピード勝負のゲーム。シュピール15で『7人のマフィア』と共に夕日のドライハーゼン社から発売された。欲張ればスピードが落ちるけれども、うまくいったときに当たりが大きい。

最初は7枚のタイルを放射状に並べ、全員にタイルを15枚配ってスタート。手番はなく、全員同時にゲームを行う。自分のタイルを1枚めくり、中央の場にあるタイルに2辺以上、色を合わせて置く。これを繰り返して早くてもちのタイルをなくした人が勝つ。

めくったタイルがどこに合わなさそうだったら、裏返して次のタイルをめくってもよい。そのタイルは、後で好きなときにめくることができる。1度に2枚以上のタイルをめくっていなければOKだ。「これは・・・どこにも置けない! じゃあ次!」スピード勝負なので、焦っていると合う場所があっても見つからないことがしばしば。

さて、2辺だけ合った場合は何も起こらないが、3辺合えば残りのタイルを2枚、4辺合えば4枚、5辺合えば6枚を、ほかのプレイヤーに押し付けられる。誰に何枚あげるかは自由であるため、当然トップで枚数が少ない人のところにタイルが集まってくる。しかも押し付けるタイルは、以前に置く場所がなかったタイルだったりするので厳しい。ここに逆転の目もある(ちなみに6辺合えば即ラウンド勝利)。

誰かが上がったら、残ったタイル枚数が失点となり、10ラウンドで合計失点の最も少ない人が勝つ。

4人プレイで15分ほど。2辺合うところは比較的すぐ見つかるので、そこを狙ってどんどん置いていくという方法と、3,4辺合うところをじっくり探す方法がある。とはいえ、3,4辺合うところはなかなか見つからないため、焦りばかりが募ってタイルが全然減らないままラウンドが終わってしまうこともある。通常は2辺置きしながら、たまたま見つかれば3,4辺置きも取り入れる塔、臨機応変な戦術が求められる。少し冷静になれば置けるところはたくさんあるのに、焦っているためにどこにも置けない気がしてくるのが笑う。

Hexx & Hopp
R.ブロン/夕日のドライハーゼン(2015年)
2~5人用/9歳以上/20~30分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください