カナイセイジの『舞星・雅』、3月5日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

舞星・雅スイッチゲームズは3月5日、カナイセイジ氏のカードゲーム『舞星(マイスター)・雅』を発売する。デザイン・カナイセイジ、イラスト・杉浦のぼる、3~6人用、10歳以上、30分、2,300円(税別)。

2010年にカナイ製作所から発表されたタイトルのリメイク。『舞星』から一部ルールを改訂し、追加カードを加えた。どスイッチゲームズがカナイセイジ氏の作品をリリースするのは『Gods' Gambit ~神々の一手~』に続いて2タイトル目となる。

プレイヤーは花柳界に名を馳せた伝説的な名妓「舞星」の二代目の座を争う芸者たち。評判を上げることでさまざまな客の座敷を務め、3回の祭りの間に最も多くの金子を稼ぐことを目指す。単純に評判を広めるだけではお金は稼げず、評判を広めることをおろそかにしていては上客がつかない。手札にある民衆カードのうち
、どのカードで評判を上げ、どのカードでお金を稼ぐかをよく考える必要がある。誰かの手札がなくなった時点でラウンドが終了し、残った手札はペナルティになるため、いかに早く手札を使い切るかも重要だ。

登場人物がカナイ氏のほかの作品にも登場するなど、カナイファンにとっても待望の作品だ。

内容物
民衆カード80枚、芸者カード12枚、早見表カード6枚、金子トークン48個、ルールブック

舞星・雅(コンポーネント)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください