エッセンのホテルメーヴェンピック閉業、再開は10月

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

世界最大のボードゲームイベント「シュピール」で利用者の多いドイツ・エッセン中央駅前のホテル「メーヴェンピック」が、昨年末で閉業していたことが明らかになった。別のホテルチェーンが今年10月の再開を目指しているが、シュピールの会期に間に合うかどうかは不明となっている。

エッセン中央駅を降りるとそびえたつこの建物は1912年に建設され、1913年から「ホテル・ハンデルスホフ」として開業した。その後何度か経営者が変わり、1983年からスイスのメーヴェンピックグループが営業していた。同じ1983年から始まった「シュピール」と共に歩んきできたといえる。

『メビウスママのエッセンシュピールガイドブック』(2014年)にも掲載され、日本人参加者の定宿として人気を集めていたが、昨年夏に建物を所有している会社とのリース契約更改が折り合わず、メーヴェンピックグループはホテル閉業と従業員の解雇を発表。昨年12月7日に閉業した。

その後、ハンブルクのノーヴムホテルグループが15年間のリース契約を結び、改装の上「ノーヴム・ウィンターズホテル・エッセン(NOVUM Winters Hotel Essen)」という名前で再開することを発表。当初は2016年6月末からの営業を予定していたが、「第4四半期(10月)」からのオープン予定になっている。今年の「シュピール」は会期が10月13日から4日間であるため、参加者が宿泊できるかどうかは微妙なラインだ。

Novum Group Hotels:Hotel Essen

Essen Spiel 2016 情報メビウスママのエッセンシュピールガイドブックでご紹介しました「メーベンピック ホテル エッセン」が閉業しました。残念です。...

Posted by メビウスゲームズ on 2016年2月25日

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください