プフェファークーヘル2016に『コードネーム』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

今年度の新作ゲームの人気を占う「プフェファークーヘル(Pfefferkuchel)」の結果が、ドイツのボードゲーム情報サイト「ブレットシュピールボックス」にて報告された。

「プフェファークーヘル」は、復活祭の休日を利用してたくさんの愛好者がホテルに集まり、1週間ぶっ通しでボードゲームを遊ぶイベント。参加者は気に入ったゲームを3つまで挙げ、これに上から3,2,1点として集計している。過去12回中11回で、3位以内に入ったゲームがドイツゲーム賞を受賞しており、予備投票に近いものとして注目される。昨年は『マルコポーロの旅路』、一昨年は『イスタンブール』が1位で、それぞれドイツゲーム賞1位と、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞になった。

今年の一番人気は『コードネーム』。場に並んでいるワードに共通するヒントを出して当ててもらうチーム戦のパーティーゲームで、日本語版も発売されている。2位はアフリカを舞台にした投資ゲーム『モンバサ』、3位はワードゲーム『クレイジー・ヴォルツ』。例年、ゲーマーズゲームが上位を占める中で異例のランキングとなっている。

今年もこの中の多くがドイツゲーム賞に入賞すると考えられ、また現在選考が行われているドイツ年間ゲーム大賞・ドイツ年間エキスパートゲーム大賞へのノミネートも期待される。

【プフェファークーヘル2016】
1位:コードゲーム(Codenames/チェコゲームズ出版・E)110点
2位:モンバサ(Mombasa/エッガートシュピーレ・E)105点
3位:クレイジー・ヴォルツ(Krazy Wördz/フィッシュタンク・N)93点
4位:ダイナスティーズ(Dynasties/ハンス・イム・グリュック・N)64点
5位:カルバ(Karuba/ハバ・E)59点
6位:ニッポン:明治維新(Nippon/ホワッツ・ユア・ゲームズ・E)55点
7位:ツォックン・ロール(Zock`N`Roll/シュミット・N)47点
8位:イエティ(Yeti/ペガサス・N)45点
9位:ミステリウム(Mysterium/リベル・E)41点
10位:イムホテプ(Imhotep/コスモス・N)40点
10位:スカイアイランド(Isle of Skye/ルックアウトゲームズ・E)40点
(出版社名の後のEはエッセン・シュピール15、Nはニュルンベルク国際玩具市2016の新作を表す)

Brettspielbox: Oberhof 2016: Pfefferkuchel

コメント(3)

トリックトラックってフランスのサイトだと思っていたのですが、以下とは別なのでしょうか?
http://www.trictrac.net/

仰る通りです。昨年はトリックトラックから情報を得ましたが、今年はブレットシュピールボックスです。訂正しました。

なるほど、すっきりしました。ありがとうございます。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください