アンユージュアル・サスペクツ(Unusual Suspects)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

単なる印象ではない何か

アンユージュアル・サスペクツ

12人の容疑者の中から、1人の犯人を絞り込んでいくイタリアの協力ゲーム。しかしそのための質問は普通ではないものばかりで、推理というよりは感覚に訴えるコミュニケーションゲームである。

12枚の容疑者カードが並べられ、目撃者役のプレイヤーに、そのうち誰が犯人かがカードで指示される。ほかのプレイヤーは刑事で、質問をして犯人を絞り込んでいく。

質問カードをめくると、「ギャンブルが好き」「言葉遣いが汚い」「公共交通機関を利用している」などの質問が出てくる。目撃者役のプレイヤーは、それが犯人について当てはまるかどうかをイエス・ノーで答える。

見かけでは分からない質問ばかりだが、それを見かけだけで判断するというのがこのゲームのポイント。男性か女性か、年齢はどれくらいか、服装は、ヒゲは、眼鏡は・・・そういった要素をヒントにしなければならない。

目撃者役のプレイヤーが回答したら、刑事役のプレイヤーは皆で相談して「これは違う」という容疑者を裏返していく。何枚裏返してもよいが、間違って犯人を裏返してしまうと即座に負けになってしまうので慎重にいきたい。

もうこれ以上裏返すのは難しいと判断したら、2つ目の質問に移ることができる。質問をしたら必ず1枚は裏返さなければならない。こうして最高11枚の質問のうちに、犯人を1人まで絞り込むことができたら勝利。

第1ゲームは私が目撃者。犯人はスーツ姿の男性だった。最後に2人まで絞り込んだところで出てきた質問は「料理がうまい」。もう1人は中華系の顔立ちだったので、こちらのほうが上手だということにしてノーで回答したところ、上手く伝わって成功。それから3ゲーム続けたが、いずれも欲張って失敗に終わった。

目撃者役の主観を優先するとどうしてもずれが生じる。「ギャンブルは好きだが、クラブには行かない」など、前の質問との合わせ技で絞り込めるようにするといった工夫が求められる。容疑者の顔ぶれをしっかり観察して、単なる印象ではない、伝わる答えを模索していくのは面白かった。

Unusual Suspects
P.モリ/クレイニオ・クリエーションズ(2015年)
3~16人用/13歳以上/10~30分
ボードゲームショップ検索:アンユージュアル・サスペクツ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください