クニツィアの『インジーニアス』日本語版、新版で7月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは7月中旬、R.クニツィアの六角形タイル配置ゲーム『インジーニアス(Ingenious)』の日本語新版を発売する。2~4人用、8歳以上、30~45分、3000円(税別)。

オリジナルは2004年にコスモス社(ドイツ)から発売された。ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート、オーストリアゲーム大賞を受賞。日本では当初『頭脳絶好調』というタイトルで流通し、日本ボードゲーム大賞(入門者部門)を受賞している。

その後、2010年にファンタジーフライト社(アメリカ)が赤箱版を発売した際、ホビージャパンによって日本語版が実現。日本ボードゲーム大賞(ゆうもあ賞)にノミネートされた。

六角形が2つつながったタイルを袋から引いて、シンボルがつながるように配置していくゲーム。つながったシンボルの数だけ得点できるが、ゲーム終了時の勝敗は一番得点できなかったシンボルとなる。引いて配置するだけというシンプルなルールと、同じシンボルばかり伸ばしていては勝てないツイストで、ロングセラーとなっている。

このたびの新版はサイズが小さくなり、プラスチックだったタイルの材質を厚紙に変更した普及版。価格も3990円から引き下げられている。

play:game評価コメントリスト:インジーニアス

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください