『オー・マイ・グーッズ!』日本語版、7月上旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは6月下旬、中世ヨーロッパを舞台にしたカードゲーム『オー・マイ・グーッズ!(Oh My Goods!)』日本語版を発売する。デザイン・A.プフィスター、イラスト・K.フランツ、2~4人用、10歳以上、30分、1600円(税別)。

オリジナルは2015年にオーストリアボードゲーム博物館から発売された作品で、その後すぐにルックアウトシュピーレが取り扱いを開始し、『ロイヤルグッズ』などの邦題で流通していた。今年になって、日本、ポーランド、イタリア、ハンガリー、ギリシャ、チェコ、オランダ、中国、アメリカで各国語版が発売される。

中世のヨーロッパで、道具、樽、鉄、ガラスなど、幅広い商品を製造する職人となる。資源を手に入れ、商品製造のための建物を建て、助手たちを雇い、効率よく商品を製造しよう。

最初の設備は「炭焼き小屋」のみ。各ラウンドは「日の出」と「日暮れ」の2つに分かれ、「日の出」ではその日に使用可能な資源が公開される。それを見て各プレイヤーはその日の計画を決める。「日暮れ」では、市場で公開された資源を元に、日中に決めた設備を稼働させて商品を生産し、建物の建設をする。一定の条件を満たせば、商品チェーン(連鎖)を使って、1つの建物で追加の商品を生産することも可能。こうして建物、商品、助手の勝利点合計を競う。

デザイナーは『ポート・ロイヤル』、『ブルームサービス』、『モンバサ』で近年注目を浴びるA.プフィスター、イラストは『アグリコラ』シリーズのK.フランツが担当。各カードは1枚で「資源」、「建物」、「商品」の3つの機能をもち、コンパクトで手軽に遊べる拡大再生産カードゲームだ。

内容物 カード 110枚、ルールブック

TGiWレビュー:ロイヤルグッズ(ドイツ語版)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください