アスモデ、カナダF2Z社の合併交渉を開始

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アスモデ・グループ(フランス)は22日、F2Zエンターテインメント社(カナダ)の合併交渉を始めたことを明らかにした。数ヶ月以内に契約がまとまる見込みで、国際的な影響力をさらに強める。

F2Zエンターテインメント社は2002年に設立され、ズィーマンゲームズ、プラッドハットゲームズ、フィロソフィアのレーベルを保有する。100万セットを販売している『パンデミック』とそのシリーズ作品、『デッドオブウィンター』、『マイス&ミスティクス』はこれらのレーベルの元で製作された作品だ。

アスモデ社はヨーロッパ、アメリカ、中国に拠点をもつ国際的なボードゲーム出版社で、フランスの名だたる出版社を束ね、さらにデイズ・オブ・ワンダー社(フランス/アメリカ)、ファンタジーフライトゲームズ社(アメリカ)、パールゲームズ社(ベルギー)を合併しているほか、『ドブル』や『カタン』(英語版)のライセンスも取得している。

アスモデ社のステファン・カヴィユCEOは「F2Zエンターテインメント社と独占交渉に入ったことを喜んでいる。我々にとってこれは、ソフィー・グラヴェル氏(F2ZエンターテインメントCEO)と彼女のチームと共に何年にもわたって築いてきた強固て持続的なパートナーシップの延長線上にあるものだ。この合併によって、我々の知財ポートフォリオを、素晴らしいゲームや、ズィーマンゲームズ、プラッドハットゲームズ、フィロソフィアのように本当に革新的なスタジオと共に拡張できるだろう。また世界のボードゲーム市場における我々の存在感を上げることにもなる」と説く。

ソフィー・グラヴェルCEOは「F2Zの栄えある15周年を前にして、我々の創業以来の重要パートナーであるアスモデ社と独占交渉できることを誇りに思う。この交渉は我々の緊密なビジネスパートナーシップの継続にほかならず、我々を代表するゲームの潜在性を高める最高の環境を用意すると共に、我々のスタジオが素晴らしいゲームを出版し続けるのに役立つだろう」と付け加えている。

BGG News:Asmodee in Negotiations to Acquire F2Z Entertainment

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください