コードネーム:ディープアンダーカバー(Codenames: Deep Undercover)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ヒントも過激にならざるを得ず

コードネーム:ディープアンダーカバー

今年のドイツ年間ゲーム大賞に輝いたチーム戦連想ゲーム『コードネーム』(TGiWレビュー)のアダルト版。『テレストレーション』のアダルト版である『テレストレーション:アフターダーク』(TGiWレビュー)と並んで、昼夜とゲームを変えて全く別な雰囲気で遊べる作品である。プレイした人からは「もう元には戻れない」という声も聞かれた。

ルールは『コードネーム』と同じで、2チームに分かれ、それぞれリーダーを出して、ヒントをもとに25枚のカードから自分の色のカードを当てる。ヒントは「○○、2枚」というように、そのヒントから当ててもらいたいカードの枚数を付けていう。

余談ではあるが、最初に『コードネーム』をプレイしたとき「ルール出すのが難しい!」と思ったものだが、これはボードゲーム経験とあまり関係しない。ボードゲームに求められる論理力よりも、語彙力や発想力がものをいうからだ。「このゲームは初心者向きではない」と思っている方は、ためらわないで試してほしい。

それはさておき、アダルト版には「ビール」「ウィスキー」「喫煙」などの酒タバコ類、「コンドーム」「乳首」「ローション」などの性的な単語、さらに「動物」「蝋」「ミルク」「指」などの取りようでエロくなる単語が入っている。ヒントも自ずと過激にならざるをえない。

「ペッティング、2枚」「まず指でしょ、それから乳首? いや手かな」「舌かも」「携帯電話、2枚」「まずバイブレーターね。あとはリンゴ? 携帯じゃなくてスマホだと思うけど」「サービス、3枚」「ホテルと、ビール。それからベッド?」「ベッドメイキングってこと? サービスだと違う仕事になる気が」異様に話が盛り上がり夜が更けていった。

Codenames: Deep Undercover
作者不明/チェコゲーム出版(2016年)
4~8人用/18歳以上/15~30分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください