『コードネーム:ピクチャーズ』日本語版、12月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは12月中旬、チーム戦の連想ゲーム『コードネーム』の姉妹版『コードネーム:ピクチャーズ(Codenames: Pictures)』を発売する。イラスト・V.フヴァチル、2~8人用、10歳以上、15分、3000円(税別)。

ドイツ年間ゲーム大賞2016を受賞した『コードネーム』の姉妹版としてシュピール'16で発売された作品。今度はスパイマスターのヒントを手掛かりに絵柄を探す。

極秘任務:スパイマスターのヒントを手掛かりに、敵対組織より先に味方のエージェントとの接触地点を探す。地図に描かれているいろいろなシンボル。それはスパイがエージェントたちとコンタクトを取る地点を示した暗号である。2人の敵対するスパイマスターは、各場所にいるエージェントを知っている。彼らは秘密の会合を行う場所について、現場諜報員たちへ暗号で知らせなければならない。暗号を誤って解読すると敵のエージェントと遭遇し、最悪の場合暗殺者との遭遇につながってしまうのだ。

ゲームの目的は、相手の組織よりも先に味方のエージェント全員とコンタクトを取ること。スパイマスターは、自分の組織のエージェントと接触する場所のシンボルに関するヒントとして、単語1つだけを言うことができる。1語で複数のシンボルのヒントを表現することも可能だ。これを手掛かりに組織の部下たちは、敵のエージェントや暗殺者に接触することなく、味方のエージェントを探し出さなければならない。

シンボルは複数のモチーフが合体しており、言葉とはまた違ったヒントの出し方が求められる。『コードネーム』ファンにも楽しめる内容となっている。

内容物:エージェントカード(2色)14枚、ダブルエージェントカード1枚、一般人カード4枚、暗殺者カード1枚、キーカード60枚、カードスタンド1個、ピクチャーカード 140枚(両面印刷)ほか

コードネーム:ピクチャーズ日本語版(コンポーネント)
ヒント「昆虫、3枚」:「昆虫」から連想される絵柄3つを見つけてみよう。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください