フェルトのヴァイキングゲーム『ヨーヴィック』日本語版、1月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ヨーヴィクホビージャパンは1月中旬、ドイツの人気ゲームデザイナーS.フェルトの『ヨーヴィック(Jórvík)』日本語版を発売する。イラスト・M.マーギールスキー、2~5人用、10歳以上、60~90分、5000円(税別)。

S.フェルトのリソースマネージメントゲーム『倉庫の街(Die Speicherstadt、2010年)』をリメイクし、テーマを9世紀のヴァイキングの街に変えてエッガートシュピーレ(ドイツ)が今秋発売した。拡張セットの『波止場の倉庫(Kaispeicher)』分も含まれている。

ヴァイキング時代の数十年にわたって、イングランドの一部はノース人に占領されていた。彼らの支配下にあった大都市の1つは、貿易と職人技の中心地となり、ヴァイキングはこの都市とその周囲の王国を「ヨーヴィック」と呼んでいた。今日ではヨークと呼ばれている。

プレイヤーはヴァイキング氏族の長となる。1年の4つの季節にわたって、貿易船が街にもたらした商品を自分の職人に供給し、北方のピクト人の攻撃から町を守るのを手助けし、カードを購入して貿易に対する影響力を高める。

まず各プレイヤーがほしいカードにコマを置き、その後で先にコマを置いたプレイヤーからカードを購入する権利を得る。カードの値段は置かれたコマの数で決まるため、みんなが欲しがるカードは高くなる。購入しなければその分コマが減り、買いやすくなっていくという独特な購入システムは健在。ピクト人の攻撃に備えつつ、最も多くの勝利点をあげよう。

内容物:ゲームボード1枚、カード104枚、商品駒54個、袋1枚、木製ヴァイキング駒22個、プレイヤーボード5枚、スタートプレイヤーマーカー1個、コイン30枚、勝利点マーカー5枚、ルールブック1冊

ヨルヴィック日本語版(コンポーネント)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください