フリーゼのゴーアウト系カードゲーム『フッチカート』日本語版、3月18日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは3月18日、ドイツのボードゲームデザイナー、F.フリーゼがデザインしたゴーアウト(手札を先になくしたら勝つ)カードゲーム『フッチカート(Futschikato)』日本語版を発売する。3~8人用、7歳以上、15分、1800円(税別)。

オリジナルはフリーゼ個人の出版社「2F(ツヴァイエフ)シュピーレ」から昨秋発売された作品。『5本のキュウリ』に続くライトなカードゲームだ。英語版は『富士フラッシュ(Fuji Flush)』というタイトルで発売されている。原題は「一文無し」の意味。

2~20の数字が入ったカードを用いる。数字の大きいカードほど枚数が少ない。各プレイヤーは6枚の手札をもち、時計回りの順番で1枚ずつ出していく。1周の間、ほかのプレイヤーがより大きいカードを出さなければ捨て札にでき、こうして手札を先になくした人が勝つ。

後のプレイヤーが大きいカードを出した場合は、出していたカードを捨てて引き直さなければならない。また複数のプレイヤーが同じ数字を出すとその数字が合計され、高い数字のカードを出すのが難しくなる。ほかのプレイヤーよりも大きい数字のカードを出すか、前の人と同じ数字を出して数字を高めるかの選択に悩む。

シンプルなルールで気軽に遊べるカードゲームだ。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください